読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

大学生の短距離メイン競馬予想

予想をつらつらと。マイル以下が好きなので主にマイル以下を予想します。

中山11R ジャニュアリーステークス(OP) ◎ペイシャモンシェリ

中山・右・ダート1200m

馬場想定:良〜稍(標準〜やや速い)

ペース想定:カジキ、シゲルカガ、ペイシャモンシェリ、ナンチンノンが前を意識。ナンチンノン・カジキが先頭列を形成しそう。


◎10.ペイシャモンシェリ

◯7.ディーズプラネット

▲9.メイショウノーベル

△4.ゴーイングパワー

△1.ワディ

△12.ナンチンノン

△8.レッドラウダ



◎10.ペイシャモンシェリ

外目の枠に入れば本命の予定でした。前走のアクアラインステークス(中山ダート1200)は時計がかかり始めで、11.9-10.6-11.3-12.0-12.0-12.8、33.8-36.8というハイペース。11番枠からヴァーノンの外2番手につけて進め、そのままスピードでヴァーノンを振り落として1.10.6という好時計での勝利でした。

この馬の買い時はハイペースの消耗戦を外枠から先行できる時です。外枠に入ったのは、前走と芝だった4走前を除くと最近では6走前の北陸ステークス(新潟1200)ですが、軽めの馬場で、12.0-10.6-11.4-12.5-11.8-12.7、34.0-37.0というハイペースながら3〜4コーナーで新潟1200ならではの大きな中弛みがあり、そこからの再加速戦でした。これを外枠から先行しますが、完全にキレ負けてしまいました。

前回OPで好走した時はタフなダートでやや中弛みがありながら外からブレーキを踏まずに進め、レーザーバレットの2着にきており、外からスムーズに持ち前のスピードで押し切ることができれば前走の時計的にもここではゴーイングパワーと並んで上位です。


◯7.ディーズプラネット

思ったより人気してますねえ、、、

6走前の端午ステークス(京都ダート1400)は時計がかかり気味の馬場で、12.2-10.9-11.9-12.4-12.4-12.3-12.4、35.0-37.1というハイペース。6番枠から後方4番手で進め、直線で外目に出してラスト1ハロン強襲、差し切りました。この時の2着は準OPでキタサンサジンと好勝負を演じているコウエイエンブレムで、なかなかの強敵でした。タフな馬場でハイペースを追走してラストの脚を引き出せる、中山1200向きのレースをしたと言えます。

中山1200の実績は500万勝ちの9走前まで遡ります。軽めの馬場で、11.9-10.4-11.6-12.4-12.2-13.1、33.9-37.7というハイペースを6番枠から内2〜3番手追走、最後粘るプレシャスエースを差し切って1.11.6という好時計での勝利でした。

武蔵野ステークスは距離が長かったと思いますし、近走の1400戦はハイペースのほうがパフォーマンスが高いです。前走の阪神1400戦の厳しい流れでもそこそこのポジションをとれていましたし、上手く流れに乗って最後強襲できればこのメンバーなら勝負になるはずです。


▲9.メイショウノーベル

大穴ですが、条件は整ったように思います。一昨年のジャニュアリーステークスのパフォーマンスがこの馬をよく表しているかと思います。中山1200、当時はタフな馬場でした。11.9-10.6-11.3-11.8-12.1-12.8、33.8-36.7というハイペースの流れを13番枠好発から3列目外につけ、直線抜け出してレーザーバレットと叩き合っての2着でした。タフな馬場で、スピード勝負で押し切ろうという強い競馬でした。

最後に馬券になったのは9走前のNST賞(新潟1200)ですが、以降は不得手な1400を使われたり、1200でも馬場が軽くてペースが緩く、キレ負けてしまうようなレースばかりで、実力を発揮できていないのは間違いありません。前走のオータムリーフステークス(京都1200)は高速ダートの33.7-35.7という流れで直線キレ負けてしまいましたが、そこまで悪くない内容で、衰えをあまり感じませんでした。今回、外寄りの枠に入れたのも良かったので、中団〜先行集団の後ろくらいにつけて流れに乗ってくれば、このメンバーならまだやれるはずです。


△4.ゴーイングパワー

前走のカペラステークス(GⅢ)4着ということで実績最上位なのは間違いないですが、かなりハマった面もあったと思います。中山1200、時計がかかり気味の馬場で、11.8-10.4-11.1-11.9-12.0-13.0、33.3-36.9というハイペースの消耗戦。6番枠からまずまずのスタートを切って、先頭列のノボバカラとルックスザットキルの後ろにぽっかり空いたスペースに上手く入り込み、直線でノボバカラの直後から上手く抜け出しましたがそこから伸びずばてずで2頭に交わされ、タイム1.10.7の4着でした。

馬場、ペースに多少の違いはありますがペイシャモンシェリの1.10.6と比べて、完璧に乗られてこのタイムなので、重賞4着、という字面を過剰に評価してはいけないかと思われます。前走は内の2頭のテンが速く、インにスペースができやすい並びでしたが、今回はカジキをいかせたとして、最内のワディもそこそこテンが速いので前走のようなインベタは簡単では無いかな、と思います。前走のように完璧に乗ったとしても、ペイシャモンシェリは強敵なので、2.3着と評価するのが妥当かと思います。


△1.ワディ

カペラステークスのゴーイングパワーのように乗れば、ということで選びました。先行集団の後ろのインコースにピッタリとつけて、直線で上手く外へ誘導できれば好勝負できると思います。理想のレースは2度目の1000万勝ちの浦安特別(中山1200)で、時計がそこそこかかる馬場の中、11.8-10.6-11.0-11.6-12.3-13.1、33.4-37.0というハイペース消耗戦。最内枠からキョウエイハピネスの後ろのスペースに入り込み、4角で先行集団の後ろから上手く外へ誘導し、キョウエイハピネスを最後差し切って1.10.4という好時計での勝利でした。キョウエイハピネスは無事だったならダート短距離でかなり上まで行ける器の馬だったと思うので、それを差し切った内容は高く評価できます。

最内ということでポジションを下げすぎて包まれるリスクがあるためこれ以上の印は打てませんでしたが、浦安特別のような騎乗ができれば勝ち切ってもおかしくありません。


△12.ナンチンノン

中山1200で外枠からスムーズにスピードに乗せられれば一変すると思っている馬です。


△8.レッドラウダ

新潟1000好走歴あり、怖いので抑えます。